アクセサリーについて

当院では、アクセサリーは治療前に外して頂いています。
診断に影響が出ることはもちろんなのですが、金属のアクセサリーについては、付けている方にも悪影響が出ているのです。

ピアス金属のネックレス金属の腕輪金属ベルトの腕時計などは付けているだけで、身体中の血行不良を引き起こします。
付けている時と外した時とで比べてみればすぐに解ると思います。明らかに外した時は呼吸が深くなっていることが解るでしょう。

ただ、指輪は付けている先の部分がむくむ程度で、全身には影響がないようです。

また、ゴムできつく締めつけているソックスゴムの締め付けがきつい下着類も身体の表面を流れている静脈の流れを阻害します。ゴムのコルセットも同様です!!
腰痛の方は是非、コルセットを外してみて下さい。それだけで身体が動きやすくなることが解るはずです。

普段からこのようなものは身に付けないようにしましょう。

残念ながらこのように話をしても付けたまま来院される方がいます。
このような状態でなかなか身体が良くならないとか、改善しない、健康になりたいと言っているのは、本末転倒な話です。
こういう人が診断が始まる前に症状ばかりを強く訴えてくるものです。