関節リウマチ

病院でリウマチと診断された方が来院しています。関節のこわばりや膝関節の腫れと痛みが表れています。処方として、弱い抗がん剤、腫れが出た時に打つ注射など強い薬などを出されているようです。薬や注射を打つと身体がだるくなってしまうそうです。
調べてみると、微量ですが化膿連鎖球菌に感染していたようです。右脊髄から下肢の関節全体に広がっており、これが強い痛みを出していたのです。
特に痛みを強く出す性質がある細菌です。治療後、身体が軽くなり、こわばりがなくなったとおっしゃっていました。

リウマチ

当院に来院されて3回ですが、すでに階段を手すりに摑まらずに昇り降りが出来るようになったとのことです。身体の回復力は計り知れません。治すのは薬ではなく患者さんご自身の身体なのですね。

コメント


認証コード8432

コメントは管理者の承認後に表示されます。