小腸

以前、ノロウィルスについて記述しましたが、今シーズン当院における徒手検査によってノロウィルスが出てきた人は、1人でした。

そのお一人も原因は大便連鎖球菌でした。

例えば、今日になっていきなり「肩が凝る」「腰が痛い」「膝が痛い」などの症状が表れたことがある方がたくさんいると思います。

一人一人にいろいろと深い問題はあるのですが、その引き金となる原因箇所、それは「小腸」です。

ダウンロード
小腸は栄養素の吸収器官です。
カルシウム、ビタミンなどを多く
含む食品をたくさん摂っている
つもりでも吸収されなければ無駄に
なってしまいます。

日頃からの食事は非常に大事となってきます。
特に、肉類、魚類は鮮度が落ちやすく、細菌類が繁殖しやすくなっています。
食物には少なからず細菌が数種類生息しています。野菜でも同じことです。
私たち人間の体内にも10種類前後の細菌は生息しています。常在菌です。

この常在菌が体内で活動することで、免疫機構がしっかりと働き、生命の恒常性を維持しています。

この細菌類が異常繁殖した時に何かしらの異常が身体に表れます。

普段から自分の食生活を見直してみましょう。食品売り場で手に取って、呼吸が浅くなったり、手に力が入らなくなったりしたら、それは有害です。

  • 外食、ファーストフードが多い
  • 売っている惣菜類を買ってきて食べている
  • 酒を飲むことが多い

以上のことに当てはまる場合は、ご自分の食生活を見直しましょう。

また、色々なメディア、人からの情報を鵜呑みにすることなく、自身の身体に聞いてみて下さい。

自分の身体を信じることから、健康への道は開かれます。
周りに流されているようでは健康にはなれないということです。

コメント


認証コード6385

コメントは管理者の承認後に表示されます。