インフルエンザワクチンのワナ 2

2009年~2010年冬シーズンに新型インフルエンザが流行したとメディアが一斉に報じました。あの時、私は開業前でしたが、調べてみるとインフルエンザ桿菌でした。
メディアなどの報道に惑わされずに、自分の身体を信じていることが大事です。
新型インフルエンザウィルスは打った人だけが感染していました。

製薬会社とWHOのマーケティング戦略に、政府がまんまと乗せられて、5000万人分のワクチンを輸入したのですが、ワクチンが使われたのはたった1250人です!残りは全て廃棄処分です。
1100億円の血税が水の泡となって消えました。
実は厚生労働省でもインフルエンザで感染が防げないことは、ホームページでも記載しているのです。見たことがある方もいるかもしれません。

現在の神奈川県知事はワクチンを強制化すべきであると言っています。強制化へ向けての委員会も立ち上げ、医師たちが参加しています。
ワクチン女子と言う人達を使ってキャンペーンまでやっている始末です。

医師会でもワクチン反対を唱える人や慎重論も多数出ているのです。ところが、これらのワクチン反対派の研究をメディアや製薬会社は自己利益のために邪魔なので取り上げません。

前橋医師会が、小学校・幼稚園・保育園で調査を行い、『インフルエンザワクチンが発病を抑制・流行を阻止することは出来ない!』と発表。
オランダの臨床試験で、『ワクチンを打たなかった人と打った人では打った人の死亡率が高かった!』と報告されています。高熱で脳症になるというのはウソで、薬で熱を下げてしまうために脳内で細菌・ウィルスが増えてしまうために起こるのです。抗生剤、解熱剤、鎮痛剤など飲んではい
けないのです。タミフルという薬がありますが、インフルエンザが原因でもないのに飲まされているのです。全て、製薬会社の利益の為です。

コメント


認証コード4861

コメントは管理者の承認後に表示されます。