痛み消失=「治った」ではない

画像の説明 画像の説明
私たちの身体を構成している
脳や骨、筋肉、脳脊髄液、神経、
血管、リンパなどは、調和のと
れた微細な律動運動現象を繰り
返しています。

>>
律動運動とは、プールのコースロープのような動きです。

私たちの身体は、約60兆個とも言われる数の細胞で出来ています。
その細胞が骨や筋肉、脳などの内臓、神経、血管、リンパを構成しています。その細胞は脂質とリンの二重構造で出来ており、常に動きながらその恒常性を維持しています。(ホメオスターシス)
例え、静止していても身体の中の組織は常に微細に動いています。上図のように、背骨についても一つ一つが律動的に動いており、その動きが偏りを作った時に、身体に何かしらの異常が表れます。

この偏った「動き」を調整し、神経伝達と血液循環を改善させることが
新はり治療の目的です!!

偏った動きを調整することで、歪みや曲がりは自然に調整されてきます。

例えば、背中が見た目に前傾姿勢になっている人がいたとします。この方に無理に背中をまっすぐに伸ばしてもらって、筋力を調べると落ちていることが分かります。また、呼吸も浅くなっています。
この時の曲がった姿勢は脳からの指令でそのようになっているのであって、背筋を無理やりに伸ばすと余計に疲れてしまうのです。
臨床においても、このことをきちんと検査して患者さん全員が納得されています。

また、利き腕や利き足があるように、完全に身体が真っ直ぐになっている人はいません。もし、身体が完全に真っ直ぐな状態であったら、動くことすら出来ないと思われます。

そして、
私の行う新はり治療はツボ治療ではなく、また特定の症状を対象に治療するものでもなく、全身にわたった全組織を対象として、あらゆる全身機能が改善する目的で治療するものです。

つまり、

全身の異常部位がすべて正常に変化する後頭部の反応点に刺鍼します。
その反応点は3箇所ありますが、一回の治療で打つ箇所は、1~2箇所です。

そのために
正確で微細な診断を要求されます。また、そのための正確な診断法があるのです。

新はり治療では鍼を刺すことが重要なのではなく、身体の異常個所を細かく正確に調べることが重要なのです!!

今までに植えつけられた鍼灸治療に対するイメージを忘れて下さい。