薬は極力控えましょう

どのような薬剤でも、必ず脳・脊髄が弛緩してしまいます。
鎮静剤、痛み止めなど、神経を麻痺させることで、症状を消しています。
同時に運動神経も緩んでしまうために、身体が重くなる感覚を覚えたことがあると思います。

これがまさに神経が緩まされている状態です。
身体の持つ回復力は上がってきません。薬の種類によっては、下がってしまう事があります。

当院に来院された患者さんでも、薬剤を止めてから良くなったとおっしゃっている方がたくさんいらっしゃいます。

近年、多種多様な薬が出ています。
神経ブロック向精神薬などは身体から排除されるまでにかなりの時間がかかっているようです。

お持ちいただければ、筋肉反射テストで検査します。

その後で、使うか止めるかの判断は、患者さん自身でお願いします。